Line

揚力



航空機の多くが飛ぶために使う力が「揚力」です。揚力は翼で生まれます。ですので、翼をもつ航空機は翼で揚力をうむことによって、空高く飛ぶことができます。

揚力とは何でしょうか?通常力というと引っ張ったり、押したり、物と物が接するところで発生するものをイメージしがちですね。力を表現するとき腕の力コブを用いることが多いのもその表れでしょう。しかし、固体と固体を通じたもの以外にも力が存在します。例えば磁石もそうですね。直接接していなくても力を感じることができます。

揚力も固体間で発生する力とは異なります。ですので、揚力ってなにか不思議な感じがするのかもしれません。掴みどころのない力、理解しがたい力に感じさせるゆえんかもしれません。磁石の場合は小さいころから遊んだり、試したりした経験があるため感覚的にも理解しやすいかもしれませんが、揚力の場合は直に感じることは難しいですからね。

揚力は気体(又は液体)が固体周辺を流れるときに発生する力です。気体(又は液体)が自由にその形状を変える性質に根ざした力です。

例えば翼での場合、「翼の上を流れる気流」と「翼の下を流れる気流」で気流の速さや気圧が違うように翼の形がつくられています。この気圧差によって生まれるのが揚力です。なかなかイメージいにくいかもしれませんね。

Line


航空工学コラム

気になる記事ピックアップ

機体の大小
大きな機体の飛行機ほど乗り心地はいいようです。小さい飛行機の場合だと、比較的小さな気流の乱れなどでも機体が揺れたりします。ですので、飛行機に乗ったことがない人や、飛行機に不安を感じる人は、できるだけ大きな飛行に乗ることを心がけるといいでしょう。

戦闘機
航空工学もまた軍事産業と切っても切れない関係にあります。 軍事産業によって発展・進化した技術や学問は航空工学だけではないですが、航空工学では軍事とは特に近.....

鳥人間コンテストの見方
鳥人間コンテストにはいろいろなドラマがありますね。 競技で上位を競う人たちはもちろん、それ以外の人たちにもすごい見所があります。鳥人間コンテストには笑いあ.....

花火
花火は火薬の力によって、打ち上げられるものです。飛行という感じではないですね。 花火の打ち上げは一瞬ですから。打ち上げられた一瞬の時間で、開き夜空にきれい.....

世界遺産登録
世界遺産登録を目指す名所は多いです。世界遺産になることでものすごく知名度が上がることが期待されますし、観光面でもかなりのプラスに働くためでしょう。でも簡単になれないのが世界遺産です。時間をかけた非常に厳しい審査のうえで登録が吟味されます。だからこそ価値があるんでしょうね。

Copyright © 2007~2013 航空工学研究ほうほう会. All rights reserved