Line

揚力



航空機の多くが飛ぶために使う力が「揚力」です。揚力は翼で生まれます。ですので、翼をもつ航空機は翼で揚力をうむことによって、空高く飛ぶことができます。

揚力とは何でしょうか?通常力というと引っ張ったり、押したり、物と物が接するところで発生するものをイメージしがちですね。力を表現するとき腕の力コブを用いることが多いのもその表れでしょう。しかし、固体と固体を通じたもの以外にも力が存在します。例えば磁石もそうですね。直接接していなくても力を感じることができます。

揚力も固体間で発生する力とは異なります。ですので、揚力ってなにか不思議な感じがするのかもしれません。掴みどころのない力、理解しがたい力に感じさせるゆえんかもしれません。磁石の場合は小さいころから遊んだり、試したりした経験があるため感覚的にも理解しやすいかもしれませんが、揚力の場合は直に感じることは難しいですからね。

揚力は気体(又は液体)が固体周辺を流れるときに発生する力です。気体(又は液体)が自由にその形状を変える性質に根ざした力です。

例えば翼での場合、「翼の上を流れる気流」と「翼の下を流れる気流」で気流の速さや気圧が違うように翼の形がつくられています。この気圧差によって生まれるのが揚力です。なかなかイメージいにくいかもしれませんね。

Line


航空工学コラム

気になる記事ピックアップ

貨物機
貨物機は世界の物流を支える柱の一つです。 よく海外から商品を取り寄せるときに選ぶことになる空輸と船便。 この空輸を担うのが貨物機ですね。 貨物機は.....

ヘリコプター
ヘリコプターは回転翼により必要な揚力をえる構造の航空機です。飛行機と構造的に大きく異なります。ヘリコプターと飛行機は一般.....

鳥人間コンテストの歴史
鳥人間コンテストは「鳥人間コンテスト選手権大会(とりにんげんコンテストせんしゅけんたいかい、JAPAN INTERNATIONAL BIRDMAN.....

揚力の応用いろいろ
揚力といえば航空工学ではかなり重要な力です。飛行機が飛ぶのはこの揚力を利用しているからですからね。揚力といえば飛行機とい.....

凧(たこ)
凧も空飛ぶ遊び道具です。 凧は昔からある遊び道具ですね。ぶつかる風の力と、タコ糸による引っ張りの力のバランスから空へと上昇していく単純な仕組みです.....

Copyright © 2007~2013 航空工学研究ほうほう会. All rights reserved