Line

日本の航空機メーカー



日本には航空機メーカーがあまり多くはありません。第二次世界大戦前まではいろいろな航空機メーカーがありましたが、敗戦を機に日本の航空機メーカーはその多くが航空事業から撤退しました。

第二次世界大戦にはゼロ戦など優れた航空機を送り込んでいたくらいですので、日本の航空機メーカーのレベルはかなり高かったはずです。

現在稼動している日本の航空機メーカーは三菱重工業、川崎重工業、富士重工業、新明和工業の4社のようです。ちなみに本田技研も航空機事業に進出する計画があります。

昔あった日本の航空機メーカーとしては、日本航空機製造、愛知航空機、九州飛行機、日立航空機、立川飛行機、昭和飛行機工業、日本飛行機、日本国際航空工業、伊藤飛行機株式会社、東京飛行機製作所、東洋航空工業、東京機械化工業、満州飛行機製造などなどかなりの数に上ります。

航空機メーカーは軍事産業との関係が深いため、敗戦が日本の航空機メーカーの発展に与えた影響はかなり大きいです。

Line


航空工学と航空機

気になる記事ピックアップ

モロッコの世界遺産2
フェズ・エル・バリフェズ・エル・バリは、1000年以上も前、モロッコで最初のイスラム王朝、イドリス朝の都となりました。フ.....

ブレーキ
動くことができるものに必ず必要なのがブレーキです。自動車でも電車でも飛行機でも、ブレーキがなければ安全に移動することができません。当たり前のことですが、ブレーキは動く機能同様に非常に重要な基本的な機能です。それだけにブレーキはいろいろなものが開発され工夫されているのでした。

航空機いろいろ
一口に航空機といっても色々あります。まず、航空機は2つに大きく分けることができます。それは「重航空機」と「軽航空機.....

F-14(トムキャット)
F-14(トムキャット)はアメリカ海軍の艦上戦闘機です。F-14(トムキャット)といえば、トム・クルーズ主演の映画.....

揚力
航空機の多くが飛ぶために使う力が「揚力」です。揚力は翼で生まれます。ですので、翼をもつ航空機は翼で揚力をうむことに.....

Copyright © 2007~2013 航空工学研究ほうほう会. All rights reserved