Line

日本の航空機メーカー



日本には航空機メーカーがあまり多くはありません。第二次世界大戦前まではいろいろな航空機メーカーがありましたが、敗戦を機に日本の航空機メーカーはその多くが航空事業から撤退しました。

第二次世界大戦にはゼロ戦など優れた航空機を送り込んでいたくらいですので、日本の航空機メーカーのレベルはかなり高かったはずです。

現在稼動している日本の航空機メーカーは三菱重工業、川崎重工業、富士重工業、新明和工業の4社のようです。ちなみに本田技研も航空機事業に進出する計画があります。

昔あった日本の航空機メーカーとしては、日本航空機製造、愛知航空機、九州飛行機、日立航空機、立川飛行機、昭和飛行機工業、日本飛行機、日本国際航空工業、伊藤飛行機株式会社、東京飛行機製作所、東洋航空工業、東京機械化工業、満州飛行機製造などなどかなりの数に上ります。

航空機メーカーは軍事産業との関係が深いため、敗戦が日本の航空機メーカーの発展に与えた影響はかなり大きいです。

Line


航空工学と航空機

気になる記事ピックアップ

免許
操縦や運転には免許が必要な場合が多いです。それは安全に乗り物を利用するために必要な仕組みです。だれでも乗れる状態では事故などが後を絶たず、本人だけでなく周りにも困った状況をもたらしかねないからです。そして当たり前ですが、操作が難しいものや、事故のとき影響が大きいものほど取得が難しくなっています。

機体の大小
大きな機体の飛行機ほど乗り心地はいいようです。小さい飛行機の場合だと、比較的小さな気流の乱れなどでも機体が揺れたりします。ですので、飛行機に乗ったことがない人や、飛行機に不安を感じる人は、できるだけ大きな飛行に乗ることを心がけるといいでしょう。

日本の航空機メーカー
日本には航空機メーカーがあまり多くはありません。第二次世界大戦前まではいろいろな航空機メーカーがありましたが、敗戦を機に日本の.....

戦闘機
航空工学もまた軍事産業と切っても切れない関係にあります。 軍事産業によって発展・進化した技術や学問は航空工学だけではないですが、航空工学では軍事とは特に近.....

ヘリコプターの飛行速度
ヘリコプターの飛行速度は度の程度まで上げられるか知っていますか?ヘリコプターは飛行機に比べるとスピードが出ないイメージがあると.....

Copyright © 2007~2013 航空工学研究ほうほう会. All rights reserved