Line

日本の航空機メーカー



日本には航空機メーカーがあまり多くはありません。第二次世界大戦前まではいろいろな航空機メーカーがありましたが、敗戦を機に日本の航空機メーカーはその多くが航空事業から撤退しました。

第二次世界大戦にはゼロ戦など優れた航空機を送り込んでいたくらいですので、日本の航空機メーカーのレベルはかなり高かったはずです。

現在稼動している日本の航空機メーカーは三菱重工業、川崎重工業、富士重工業、新明和工業の4社のようです。ちなみに本田技研も航空機事業に進出する計画があります。

昔あった日本の航空機メーカーとしては、日本航空機製造、愛知航空機、九州飛行機、日立航空機、立川飛行機、昭和飛行機工業、日本飛行機、日本国際航空工業、伊藤飛行機株式会社、東京飛行機製作所、東洋航空工業、東京機械化工業、満州飛行機製造などなどかなりの数に上ります。

航空機メーカーは軍事産業との関係が深いため、敗戦が日本の航空機メーカーの発展に与えた影響はかなり大きいです。

Line


航空工学と航空機

気になる記事ピックアップ

手作り飛行機の難しいとこ
手作り飛行機で一番難しいところは矛盾する二つをどこで折り合いをつけるかと言うことでしょう。 例えば、長距離.....

フリスビー
フリスビーは円盤型の投げて遊ぶおもちゃです。 フリスビーって良くできています。うまく投げると回転しながら目的の場所へときれいに飛んでい.....

紙飛行機
紙飛行機は男の子なら必ずする遊びの一つだと思いませんか?紙飛行機は多くの子が自分のオリジナルを折り込もうと.....

モロッコの世界遺産4
モロッコのアイト・ベン・ハッドゥは、フェズのメディナや古都メクネスとはまったく違う、砂漠の街です。アイト・ベン・ハッドゥは、カスバ化さ.....

安全
飛行機に限らず乗り物は安全でなければいけません。安全に利用できないのであれば、使い物にならないです。でも乗り物には危険もあります。危険やリスクを取り除いていかに安全に効果的に利用できるかを考えることがすごく大事です。安全の追求は機能の追求同様に終わりないことです。

Copyright © 2007~2013 航空工学研究ほうほう会. All rights reserved