Line

モロッコの世界遺産2




フェズ・エル・バリ

フェズ・エル・バリは、1000年以上も前、モロッコで最初のイスラム王朝、イドリス朝の都となりました。

フェズ・エル・バリは、世界最大のメディナです。

ところで「メディナ」とは?・・・「旧市街」のことです。 しかし、今もなお、市民の生活の場として生き続け、それがこの古くて新しい街の魅力となっています。

城壁の内側には、無数の細かな・・・ほんとうに細かな!路地がくねくねと網の目のように延びています。



ところで新市街から世界遺産のメディナ(旧市街)へ行く場合、バスならこのような感じです。

ムハンマド通りの観光案内所から
●2,9番のバスで、ダール・バトハ博物館前のイスティクラル広場まで。
●19番と29番は、フェズ・エル・ジュディドのセマグ門へ。
●ブー・ジュルード門からフェズ駅までは10番か47番。
●新市街からは、19番に乗ります。

市内を走る「プチタックシー」(近距離専用の赤い車体のタクシー)や、「グランタクシー」(同じ方向へ行く数人5~6人が集まると出発する乗合タクシー)を利用するのもいいでしょう。



ブー・ジュルード門

メディナの入口にある、フェズ最大の門です。建造は1913年。外面には、幾何学模様に彫刻が施され、青色や緑色のタイルが彩られています。







Line


雑談

気になる記事ピックアップ

視界
乗り物の運転や操縦は目視によるのが普通ですが、それだけでは難しい場合があります。たとえば飛行機のように高速で移動する場合、目視だけでは操作が遅れる場合が多いです。目視できる範囲は限られているからです。そのためレーダーなどを使って情報収集を補っています。

垂直離陸
ヘリコプターのように滑走路を必要とせずに垂直離陸ができて、しかも飛行機のように速く飛ぶこともできれば、飛行機とヘリコプターの両方のいいとこどりです。さらにヘリコプターのようにホバリングできるなれば、空での利便性は最強ですね。でも燃費や経済性はかなり犠牲になりそうです。

航空機メーカーいろいろ
航空機メーカーは世界中にたくさんあります。特に有名なのは、アメリカのボーイング社などですね。ときどき新聞やニュースにも出.....

貨物機
貨物機は世界の物流を支える柱の一つです。 よく海外から商品を取り寄せるときに選ぶことになる空輸と船便。 この空輸を担うのが貨物機ですね。 貨物機は.....

ヘリコプター
ヘリコプターは回転翼により必要な揚力をえる構造の航空機です。飛行機と構造的に大きく異なります。ヘリコプターと飛行機は一般.....

Copyright © 2007~2013 航空工学研究ほうほう会. All rights reserved