Line

モロッコの世界遺産4




モロッコのアイト・ベン・ハッドゥは、フェズのメディナや古都メクネスとはまったく違う、砂漠の街です。アイト・ベン・ハッドゥは、カスバ化された街です。

カバスとは・・・「要塞」の意味です。メディナの内外を監視するための城塞を言います。



砂漠で生活する遊牧民にとって重要な生活の場となるのが、ワジです。 (社会でもならったことがありますね。)ワジとは、普段は干上がっていて、雨期にのみ水が流れる川です。

周辺には草木があり、深く掘れば水が出てきて、砂漠の民の貴重な命の水を供給する生活の場です。



オアシスは砂漠、ステップなどにある常に淡水がわき出る緑の地帯です。アラビア語で「ワーハ」と呼ばれます。



Line


雑談

気になる記事ピックアップ

鳥人間コンテストの歴史
鳥人間コンテストは「鳥人間コンテスト選手権大会(とりにんげんコンテストせんしゅけんたいかい、JAPAN INTERNATIONAL BIRDMAN.....

揚力の応用いろいろ
揚力といえば航空工学ではかなり重要な力です。飛行機が飛ぶのはこの揚力を利用しているからですからね。揚力といえば飛行機とい.....

凧(たこ)
凧も空飛ぶ遊び道具です。 凧は昔からある遊び道具ですね。ぶつかる風の力と、タコ糸による引っ張りの力のバランスから空へと上昇していく単純な仕組みです.....

モロッコの世界遺産2
フェズ・エル・バリフェズ・エル・バリは、1000年以上も前、モロッコで最初のイスラム王朝、イドリス朝の都となりました。フ.....

世界遺産のアユタヤ2
アユタヤはバンコクからのバスなら北バスターミナルから、約1時間半~2時間で着きます。 20分~30分間隔で運行しています。鉄道なら、ホアランポーン.....

Copyright © 2007~2013 航空工学研究ほうほう会. All rights reserved