Line

モロッコの世界遺産4




モロッコのアイト・ベン・ハッドゥは、フェズのメディナや古都メクネスとはまったく違う、砂漠の街です。アイト・ベン・ハッドゥは、カスバ化された街です。

カバスとは・・・「要塞」の意味です。メディナの内外を監視するための城塞を言います。



砂漠で生活する遊牧民にとって重要な生活の場となるのが、ワジです。 (社会でもならったことがありますね。)ワジとは、普段は干上がっていて、雨期にのみ水が流れる川です。

周辺には草木があり、深く掘れば水が出てきて、砂漠の民の貴重な命の水を供給する生活の場です。



オアシスは砂漠、ステップなどにある常に淡水がわき出る緑の地帯です。アラビア語で「ワーハ」と呼ばれます。



Line


雑談

気になる記事ピックアップ

航空工学のこと
航空工学(こうくうこうがく)とは、航空機の設計や製造、運用、整備などに関わる工学です。航空工学では流体力学.....

ゼロ戦
ゼロ戦といえば第二次世界大戦で名を上げた世界有数の戦闘機です。ゼロ戦は「零式艦上戦闘機」の略ですね。ゼロ戦.....

手作り飛行機の難しいとこ
手作り飛行機で一番難しいところは矛盾する二つをどこで折り合いをつけるかと言うことでしょう。 例えば、長距離.....

紙飛行機
紙飛行機は男の子なら必ずする遊びの一つだと思いませんか?紙飛行機は多くの子が自分のオリジナルを折り込もうと.....

安全
飛行機に限らず乗り物は安全でなければいけません。安全に利用できないのであれば、使い物にならないです。でも乗り物には危険もあります。危険やリスクを取り除いていかに安全に効果的に利用できるかを考えることがすごく大事です。安全の追求は機能の追求同様に終わりないことです。

Copyright © 2007~2013 航空工学研究ほうほう会. All rights reserved