Line

世界遺産のアユタヤ1



タイにある「アユタヤ」は世界遺産として指定されています。
「アユタヤ」は、遺跡も数多くあり、人々の生活のすぐ近くに普通に自然に当たり前に存在しています。近くに公園があるように遺跡が存在してます。
アユタヤ王朝は1351年~1767年までの期間、タイ中部を中心として展開していった王朝です。創設者は、ラーマーティボディ1世(ウートン王)です。
アユタヤ王朝時代は、西洋との貿易を活発に行い莫大な富を蓄えたと言われています。しかし、1767年にシンビューシンによって滅亡します。







Line


雑談

気になる記事ピックアップ

モロッコの世界遺産3
「フェズ・エル・バリ」地区観光名所☆ ダール・バトハ博物館☆ ブー・ジュルード門☆ ブー・イナニア・マドラサ.....

世界遺産登録
世界遺産登録を目指す名所は多いです。世界遺産になることでものすごく知名度が上がることが期待されますし、観光面でもかなりのプラスに働くためでしょう。でも簡単になれないのが世界遺産です。時間をかけた非常に厳しい審査のうえで登録が吟味されます。だからこそ価値があるんでしょうね。

視界
乗り物の運転や操縦は目視によるのが普通ですが、それだけでは難しい場合があります。たとえば飛行機のように高速で移動する場合、目視だけでは操作が遅れる場合が多いです。目視できる範囲は限られているからです。そのためレーダーなどを使って情報収集を補っています。

垂直離陸
ヘリコプターのように滑走路を必要とせずに垂直離陸ができて、しかも飛行機のように速く飛ぶこともできれば、飛行機とヘリコプターの両方のいいとこどりです。さらにヘリコプターのようにホバリングできるなれば、空での利便性は最強ですね。でも燃費や経済性はかなり犠牲になりそうです。

航空機メーカーいろいろ
航空機メーカーは世界中にたくさんあります。特に有名なのは、アメリカのボーイング社などですね。ときどき新聞やニュースにも出.....

Copyright © 2007~2013 航空工学研究ほうほう会. All rights reserved