Line

世界最初の飛行機



世界最初の飛行機といえば、誰もが知っているライト兄弟が製作した飛行機です。その名も、「ライトフライヤー」。

世界最初の飛行機の骨組みは木製だったそうです。それに羽布張りという構造。とにかく軽くする必要があったんですね。

そして動力はガソリンエンジン。しかしライト兄弟が飛行機を作ったころは、まだガソリンエンジンは売られていなかったため、ガソリンエンジンもライト兄弟が自分たちで作ったそうです。すごいですね。

そんな経緯もあり、当時ライト兄弟はエンジンメーカーとして名声を勝ち取ったようです。飛行機はまだまだこれからというときでしょうからね。

ライト兄弟が初飛行成功させたのは1903年。それからわずか100年程度で現在の多様な飛行機事情まで発達してきたんですね。技術の進歩のスピードは驚きですね。

Line


飛行機いろいろ

気になる記事ピックアップ

モロッコの世界遺産2
フェズ・エル・バリフェズ・エル・バリは、1000年以上も前、モロッコで最初のイスラム王朝、イドリス朝の都となりました。フ.....

ブレーキ
動くことができるものに必ず必要なのがブレーキです。自動車でも電車でも飛行機でも、ブレーキがなければ安全に移動することができません。当たり前のことですが、ブレーキは動く機能同様に非常に重要な基本的な機能です。それだけにブレーキはいろいろなものが開発され工夫されているのでした。

航空機いろいろ
一口に航空機といっても色々あります。まず、航空機は2つに大きく分けることができます。それは「重航空機」と「軽航空機.....

F-14(トムキャット)
F-14(トムキャット)はアメリカ海軍の艦上戦闘機です。F-14(トムキャット)といえば、トム・クルーズ主演の映画.....

揚力
航空機の多くが飛ぶために使う力が「揚力」です。揚力は翼で生まれます。ですので、翼をもつ航空機は翼で揚力をうむことに.....

Copyright © 2007~2013 航空工学研究ほうほう会. All rights reserved