Line

世界最初の飛行機



世界最初の飛行機といえば、誰もが知っているライト兄弟が製作した飛行機です。その名も、「ライトフライヤー」。

世界最初の飛行機の骨組みは木製だったそうです。それに羽布張りという構造。とにかく軽くする必要があったんですね。

そして動力はガソリンエンジン。しかしライト兄弟が飛行機を作ったころは、まだガソリンエンジンは売られていなかったため、ガソリンエンジンもライト兄弟が自分たちで作ったそうです。すごいですね。

そんな経緯もあり、当時ライト兄弟はエンジンメーカーとして名声を勝ち取ったようです。飛行機はまだまだこれからというときでしょうからね。

ライト兄弟が初飛行成功させたのは1903年。それからわずか100年程度で現在の多様な飛行機事情まで発達してきたんですね。技術の進歩のスピードは驚きですね。

Line


飛行機いろいろ

気になる記事ピックアップ

モロッコの世界遺産3
「フェズ・エル・バリ」地区観光名所☆ ダール・バトハ博物館☆ ブー・ジュルード門☆ ブー・イナニア・マドラサ.....

視界
乗り物の運転や操縦は目視によるのが普通ですが、それだけでは難しい場合があります。たとえば飛行機のように高速で移動する場合、目視だけでは操作が遅れる場合が多いです。目視できる範囲は限られているからです。そのためレーダーなどを使って情報収集を補っています。

航空機メーカーいろいろ
航空機メーカーは世界中にたくさんあります。特に有名なのは、アメリカのボーイング社などですね。ときどき新聞やニュースにも出.....

ヘリコプター
ヘリコプターは回転翼により必要な揚力をえる構造の航空機です。飛行機と構造的に大きく異なります。ヘリコプターと飛行機は一般.....

揚力の応用いろいろ
揚力といえば航空工学ではかなり重要な力です。飛行機が飛ぶのはこの揚力を利用しているからですからね。揚力といえば飛行機とい.....

Copyright © 2007~2013 航空工学研究ほうほう会. All rights reserved