Line

航空工学のこと



航空工学(こうくうこうがく)とは、航空機の設計や製造、運用、整備などに関わる工学です。航空工学では流体力学や構造力学、熱力学などの力学のほか、制御工学などを用い、航空機の発達を支えている学問です。

航空機は現代では欠くことのできない交通手段であり、運送手段であり、宇宙などの新天地を探求するために必要な手段です。航空機は既にインフラの一つとしての位置づけであり、つまり便利な社会を支える重要な分野の一つです。

航空工学と聞くと難しいイメージで人々を遠ざけるイメージがありますが、テレビで人気を博した「鳥人間コンテスト」で映されたさまざまな動力を持たない自作飛行機たちは航空工学の産物の一つです。鳥人間コンテストを通じてみると人間味や面白味も垣間見ることができますね。

航空工学は「空を飛ぶという」目的から考えるととてもロマンチックなものだったはずなのに・・・。「飛行機」や「空を飛ぶこと」が当たり前のことと捉えられるようになり人々の感動が薄れたせいか?それとも多くの学生が「航空工学」を知る前に物理や数学などの学力でふるいをかけられる受験制度のせいか?多くの人にとって、「航空工学は難しそう」というイメージしか残っていないように感じます。残念なことですね。

Line


航空工学と航空機

気になる記事ピックアップ

航空機メーカーいろいろ
航空機メーカーは世界中にたくさんあります。特に有名なのは、アメリカのボーイング社などですね。ときどき新聞やニュースにも出.....

ヘリコプター
ヘリコプターは回転翼により必要な揚力をえる構造の航空機です。飛行機と構造的に大きく異なります。ヘリコプターと飛行機は一般.....

揚力の応用いろいろ
揚力といえば航空工学ではかなり重要な力です。飛行機が飛ぶのはこの揚力を利用しているからですからね。揚力といえば飛行機とい.....

モロッコの世界遺産2
フェズ・エル・バリフェズ・エル・バリは、1000年以上も前、モロッコで最初のイスラム王朝、イドリス朝の都となりました。フ.....

ブレーキ
動くことができるものに必ず必要なのがブレーキです。自動車でも電車でも飛行機でも、ブレーキがなければ安全に移動することができません。当たり前のことですが、ブレーキは動く機能同様に非常に重要な基本的な機能です。それだけにブレーキはいろいろなものが開発され工夫されているのでした。

Copyright © 2007~2013 航空工学研究ほうほう会. All rights reserved