Line

航空工学のこと



航空工学(こうくうこうがく)とは、航空機の設計や製造、運用、整備などに関わる工学です。航空工学では流体力学や構造力学、熱力学などの力学のほか、制御工学などを用い、航空機の発達を支えている学問です。

航空機は現代では欠くことのできない交通手段であり、運送手段であり、宇宙などの新天地を探求するために必要な手段です。航空機は既にインフラの一つとしての位置づけであり、つまり便利な社会を支える重要な分野の一つです。

航空工学と聞くと難しいイメージで人々を遠ざけるイメージがありますが、テレビで人気を博した「鳥人間コンテスト」で映されたさまざまな動力を持たない自作飛行機たちは航空工学の産物の一つです。鳥人間コンテストを通じてみると人間味や面白味も垣間見ることができますね。

航空工学は「空を飛ぶという」目的から考えるととてもロマンチックなものだったはずなのに・・・。「飛行機」や「空を飛ぶこと」が当たり前のことと捉えられるようになり人々の感動が薄れたせいか?それとも多くの学生が「航空工学」を知る前に物理や数学などの学力でふるいをかけられる受験制度のせいか?多くの人にとって、「航空工学は難しそう」というイメージしか残っていないように感じます。残念なことですね。

Line


航空工学と航空機

気になる記事ピックアップ

凧(たこ)
凧も空飛ぶ遊び道具です。 凧は昔からある遊び道具ですね。ぶつかる風の力と、タコ糸による引っ張りの力のバランスから空へと上昇していく単純な仕組みです.....

世界遺産のアユタヤ2
アユタヤはバンコクからのバスなら北バスターミナルから、約1時間半~2時間で着きます。 20分~30分間隔で運行しています。鉄道なら、ホアランポーン.....

空を飛ぶ方法
空を飛ぶには飛行機やヘリコプターのほか、ハングライダーやパラグライダーなどがあります。スカイダイビングも落ちてるだけですが、空中を楽しむ時間があります。ロケットも宇宙に到達するまで飛んでいますね。熱気球や飛行船も自在に空を飛ぶものです。空を飛ぶものっていろいろあります。

旅客機
数ある飛行機の中でも旅客機(りょかくき、りょかっき)は最も身近な飛行機の一つですね。 飛行機に乗ったことがある人のほとんどは、この旅客機でし.....

鳥人間コンテスト
鳥人間コンテストとは、人力飛行機の滞空距離を競う競技番組です。琵琶湖を舞台とし、人力飛行機に情熱をささげる人たちが集まって行われる大イベント.....

Copyright © 2007~2013 航空工学研究ほうほう会. All rights reserved