Line

航空機いろいろ



一口に航空機といっても色々あります。
まず、航空機は2つに大きく分けることができます。それは「重航空機」と「軽航空機」です。平均の密度が空気より重いのが「重航空機」で、空気より軽いのが「軽航空機」です。

航空機といえば一般的に「重航空機」をイメージされることが多いですね。ちなみに「軽航空機」とは気球や飛行船といったものがあります。いずれも空気より軽いことで空を飛ぶことができるしくみですね。気球にはヘリウムや水素などによる「ガス気球」と、バーナーなどで空気を熱して飛ぶ「熱気球」があります。

ちなみに、パラグライダーやハンググライダーは空中浮遊物として航空機のくくりに入れないとする考えもあるようです。例えば法律における区分ではそのような考えをとる場合があるようです。でも工学的には十分航空機ですよね。

「重航空機」の代表的なものといえば飛行機です。ヘリコプターもそうです。どちらも揚力を利用した航空機ですが、なかには揚力によらない航空機もあります。それはロケットです。ロケットはかなり異色な航空機ですね。

飛行機にも色々です。ものすごい大きいジャンボジェット機から、小さいものではセスナ機など、またものすごい速く飛ぶ戦闘機などもあります。ステルス戦闘機はレーダーに捕捉されにくいという特殊な飛行機ですしまさに色々です。飛行機だけ見ても広くて深いですね。

Line


航空工学と航空機

気になる記事ピックアップ

鳥人間コンテスト
鳥人間コンテストとは、人力飛行機の滞空距離を競う競技番組です。琵琶湖を舞台とし、人力飛行機に情熱をささげる人たちが集まって行われる大イベント.....

揚力
航空機の多くが飛ぶために使う力が「揚力」です。揚力は翼で生まれます。ですので、翼をもつ航空機は翼で揚力をうむことに.....

ブーメラン
ブーメランは空を飛ぶものの中でもかなり特徴的です。ブーメランのすごいところは飛んで、帰ってくるところですね。ブーメランはもともと猟のための武.....

モロッコの世界遺産1
モロッコにはユネスコに指定された世界遺産がいくつかあります。モロッコにおける世界遺産の特徴、および魅力は、人びとが.....

世界遺産のアユタヤ1
タイにある「アユタヤ」は世界遺産として指定されています。「アユタヤ」は、遺跡も数多くあり、人々の生活のすぐ近くに普通に自然に当たり前に存在し.....

Copyright © 2007~2013 航空工学研究ほうほう会. All rights reserved