Line

航空機いろいろ



一口に航空機といっても色々あります。
まず、航空機は2つに大きく分けることができます。それは「重航空機」と「軽航空機」です。平均の密度が空気より重いのが「重航空機」で、空気より軽いのが「軽航空機」です。

航空機といえば一般的に「重航空機」をイメージされることが多いですね。ちなみに「軽航空機」とは気球や飛行船といったものがあります。いずれも空気より軽いことで空を飛ぶことができるしくみですね。気球にはヘリウムや水素などによる「ガス気球」と、バーナーなどで空気を熱して飛ぶ「熱気球」があります。

ちなみに、パラグライダーやハンググライダーは空中浮遊物として航空機のくくりに入れないとする考えもあるようです。例えば法律における区分ではそのような考えをとる場合があるようです。でも工学的には十分航空機ですよね。

「重航空機」の代表的なものといえば飛行機です。ヘリコプターもそうです。どちらも揚力を利用した航空機ですが、なかには揚力によらない航空機もあります。それはロケットです。ロケットはかなり異色な航空機ですね。

飛行機にも色々です。ものすごい大きいジャンボジェット機から、小さいものではセスナ機など、またものすごい速く飛ぶ戦闘機などもあります。ステルス戦闘機はレーダーに捕捉されにくいという特殊な飛行機ですしまさに色々です。飛行機だけ見ても広くて深いですね。

Line


航空工学と航空機

気になる記事ピックアップ

ブレーキ
動くことができるものに必ず必要なのがブレーキです。自動車でも電車でも飛行機でも、ブレーキがなければ安全に移動することができません。当たり前のことですが、ブレーキは動く機能同様に非常に重要な基本的な機能です。それだけにブレーキはいろいろなものが開発され工夫されているのでした。

空を飛ぶ方法
空を飛ぶには飛行機やヘリコプターのほか、ハングライダーやパラグライダーなどがあります。スカイダイビングも落ちてるだけですが、空中を楽しむ時間があります。ロケットも宇宙に到達するまで飛んでいますね。熱気球や飛行船も自在に空を飛ぶものです。空を飛ぶものっていろいろあります。

航空機いろいろ
一口に航空機といっても色々あります。まず、航空機は2つに大きく分けることができます。それは「重航空機」と「軽航空機.....

旅客機
数ある飛行機の中でも旅客機(りょかくき、りょかっき)は最も身近な飛行機の一つですね。 飛行機に乗ったことがある人のほとんどは、この旅客機でし.....

F-14(トムキャット)
F-14(トムキャット)はアメリカ海軍の艦上戦闘機です。F-14(トムキャット)といえば、トム・クルーズ主演の映画.....

Copyright © 2007~2013 航空工学研究ほうほう会. All rights reserved