Line

航空機いろいろ



一口に航空機といっても色々あります。
まず、航空機は2つに大きく分けることができます。それは「重航空機」と「軽航空機」です。平均の密度が空気より重いのが「重航空機」で、空気より軽いのが「軽航空機」です。

航空機といえば一般的に「重航空機」をイメージされることが多いですね。ちなみに「軽航空機」とは気球や飛行船といったものがあります。いずれも空気より軽いことで空を飛ぶことができるしくみですね。気球にはヘリウムや水素などによる「ガス気球」と、バーナーなどで空気を熱して飛ぶ「熱気球」があります。

ちなみに、パラグライダーやハンググライダーは空中浮遊物として航空機のくくりに入れないとする考えもあるようです。例えば法律における区分ではそのような考えをとる場合があるようです。でも工学的には十分航空機ですよね。

「重航空機」の代表的なものといえば飛行機です。ヘリコプターもそうです。どちらも揚力を利用した航空機ですが、なかには揚力によらない航空機もあります。それはロケットです。ロケットはかなり異色な航空機ですね。

飛行機にも色々です。ものすごい大きいジャンボジェット機から、小さいものではセスナ機など、またものすごい速く飛ぶ戦闘機などもあります。ステルス戦闘機はレーダーに捕捉されにくいという特殊な飛行機ですしまさに色々です。飛行機だけ見ても広くて深いですね。

Line


航空工学と航空機

気になる記事ピックアップ

航空工学のこと
航空工学(こうくうこうがく)とは、航空機の設計や製造、運用、整備などに関わる工学です。航空工学では流体力学.....

ゼロ戦
ゼロ戦といえば第二次世界大戦で名を上げた世界有数の戦闘機です。ゼロ戦は「零式艦上戦闘機」の略ですね。ゼロ戦.....

手作り飛行機の難しいとこ
手作り飛行機で一番難しいところは矛盾する二つをどこで折り合いをつけるかと言うことでしょう。 例えば、長距離.....

紙飛行機
紙飛行機は男の子なら必ずする遊びの一つだと思いませんか?紙飛行機は多くの子が自分のオリジナルを折り込もうと.....

安全
飛行機に限らず乗り物は安全でなければいけません。安全に利用できないのであれば、使い物にならないです。でも乗り物には危険もあります。危険やリスクを取り除いていかに安全に効果的に利用できるかを考えることがすごく大事です。安全の追求は機能の追求同様に終わりないことです。

Copyright © 2007~2013 航空工学研究ほうほう会. All rights reserved