Line

航空機いろいろ



一口に航空機といっても色々あります。
まず、航空機は2つに大きく分けることができます。それは「重航空機」と「軽航空機」です。平均の密度が空気より重いのが「重航空機」で、空気より軽いのが「軽航空機」です。

航空機といえば一般的に「重航空機」をイメージされることが多いですね。ちなみに「軽航空機」とは気球や飛行船といったものがあります。いずれも空気より軽いことで空を飛ぶことができるしくみですね。気球にはヘリウムや水素などによる「ガス気球」と、バーナーなどで空気を熱して飛ぶ「熱気球」があります。

ちなみに、パラグライダーやハンググライダーは空中浮遊物として航空機のくくりに入れないとする考えもあるようです。例えば法律における区分ではそのような考えをとる場合があるようです。でも工学的には十分航空機ですよね。

「重航空機」の代表的なものといえば飛行機です。ヘリコプターもそうです。どちらも揚力を利用した航空機ですが、なかには揚力によらない航空機もあります。それはロケットです。ロケットはかなり異色な航空機ですね。

飛行機にも色々です。ものすごい大きいジャンボジェット機から、小さいものではセスナ機など、またものすごい速く飛ぶ戦闘機などもあります。ステルス戦闘機はレーダーに捕捉されにくいという特殊な飛行機ですしまさに色々です。飛行機だけ見ても広くて深いですね。

Line


航空工学と航空機

気になる記事ピックアップ

世界遺産登録
世界遺産登録を目指す名所は多いです。世界遺産になることでものすごく知名度が上がることが期待されますし、観光面でもかなりのプラスに働くためでしょう。でも簡単になれないのが世界遺産です。時間をかけた非常に厳しい審査のうえで登録が吟味されます。だからこそ価値があるんでしょうね。

視界
乗り物の運転や操縦は目視によるのが普通ですが、それだけでは難しい場合があります。たとえば飛行機のように高速で移動する場合、目視だけでは操作が遅れる場合が多いです。目視できる範囲は限られているからです。そのためレーダーなどを使って情報収集を補っています。

垂直離陸
ヘリコプターのように滑走路を必要とせずに垂直離陸ができて、しかも飛行機のように速く飛ぶこともできれば、飛行機とヘリコプターの両方のいいとこどりです。さらにヘリコプターのようにホバリングできるなれば、空での利便性は最強ですね。でも燃費や経済性はかなり犠牲になりそうです。

航空機メーカーいろいろ
航空機メーカーは世界中にたくさんあります。特に有名なのは、アメリカのボーイング社などですね。ときどき新聞やニュースにも出.....

貨物機
貨物機は世界の物流を支える柱の一つです。 よく海外から商品を取り寄せるときに選ぶことになる空輸と船便。 この空輸を担うのが貨物機ですね。 貨物機は.....

Copyright © 2007~2013 航空工学研究ほうほう会. All rights reserved