Line

鳥人間コンテストの歴史



鳥人間コンテストは「鳥人間コンテスト選手権大会(とりにんげんコンテストせんしゅけんたいかい、JAPAN INTERNATIONAL BIRDMAN RALLY)」で、読売テレビが主催する大会です。

鳥人間コンテストの第一回は「びっくり日本新記録」というテレビ番組の中での放送でした。 「びっくり日本新記録」といえば、いろいろなオリジナル競技に一般の人が参加して競い合うという人気テレビ番組でした。 鳥人間コンテストは「びっくり日本新記録」の1つの種目としてスタートしたんですね。

「びっくり日本新記録」が終わった後も、鳥人間コンテストは続いています。 台風の直撃などで何度か中止することもありましたが、毎年続く人気の大会です。

鳥人間コンテストの最初の頃は優勝者でも100m程度の飛行でした。 でも今は出場者のレベルもかなり高く、飛行距離が伸びたため距離による競争が難しくなってきています。 出場者のレベルの向上により、鳥人間コンテストのルールも進化してきました。 これからも楽しみな鳥人間コンテストです。

Line


鳥人間コンテスト

気になる記事ピックアップ

モロッコの世界遺産3
「フェズ・エル・バリ」地区観光名所☆ ダール・バトハ博物館☆ ブー・ジュルード門☆ ブー・イナニア・マドラサ.....

視界
乗り物の運転や操縦は目視によるのが普通ですが、それだけでは難しい場合があります。たとえば飛行機のように高速で移動する場合、目視だけでは操作が遅れる場合が多いです。目視できる範囲は限られているからです。そのためレーダーなどを使って情報収集を補っています。

航空機メーカーいろいろ
航空機メーカーは世界中にたくさんあります。特に有名なのは、アメリカのボーイング社などですね。ときどき新聞やニュースにも出.....

ヘリコプター
ヘリコプターは回転翼により必要な揚力をえる構造の航空機です。飛行機と構造的に大きく異なります。ヘリコプターと飛行機は一般.....

揚力の応用いろいろ
揚力といえば航空工学ではかなり重要な力です。飛行機が飛ぶのはこの揚力を利用しているからですからね。揚力といえば飛行機とい.....

Copyright © 2007~2013 航空工学研究ほうほう会. All rights reserved