Line

手作り飛行機の難しいとこ



手作り飛行機で一番難しいところは矛盾する二つをどこで折り合いをつけるかと言うことでしょう。 例えば、長距離を出そうとすると機体はできるだけ軽くしたいのですが、軽くしすぎると強度的に問題が生じたりします。 軽いながら構造的にも強度が必要です。 上位を狙えば狙うほどギリギリの選択が迫られる部分です。

さらに揚力を生む翼の形状も難しいところです。 安定飛行の飛行スピードや安定飛行に至るまでの状況を想定しながら形状を考えなければなりません。 そして翼の大きさや機体と乗組員の重量も考えて最適と思える形を選んでいきます。 なかなか計算どおりにはいかないところが難しいですね。

機体の設計はもちろん、組み立てでも難しさがあります。 大きい機体ですので保存や持ち運びのことも考えなければいけません。

いろいろ困難を乗り越えるからこそ、完成した機体が、予想通りもしくは予想以上のフライトを行ったときには喜びもひとしおなのでしょうね。

Line


鳥人間コンテスト

気になる記事ピックアップ

免許
操縦や運転には免許が必要な場合が多いです。それは安全に乗り物を利用するために必要な仕組みです。だれでも乗れる状態では事故などが後を絶たず、本人だけでなく周りにも困った状況をもたらしかねないからです。そして当たり前ですが、操作が難しいものや、事故のとき影響が大きいものほど取得が難しくなっています。

日本の航空機メーカー
日本には航空機メーカーがあまり多くはありません。第二次世界大戦前まではいろいろな航空機メーカーがありましたが、敗戦を機に日本の.....

ヘリコプターの飛行速度
ヘリコプターの飛行速度は度の程度まで上げられるか知っていますか?ヘリコプターは飛行機に比べるとスピードが出ないイメージがあると.....

テストフライト
テストフライトは文字折フライトのテストです。 実際にフライとしてみることで問題点や改善点をみつけて、フィードバックしていくため.....

モロッコの世界遺産3
「フェズ・エル・バリ」地区観光名所☆ ダール・バトハ博物館☆ ブー・ジュルード門☆ ブー・イナニア・マドラサ.....

Copyright © 2007~2013 航空工学研究ほうほう会. All rights reserved