Line

手作り飛行機の難しいとこ



手作り飛行機で一番難しいところは矛盾する二つをどこで折り合いをつけるかと言うことでしょう。 例えば、長距離を出そうとすると機体はできるだけ軽くしたいのですが、軽くしすぎると強度的に問題が生じたりします。 軽いながら構造的にも強度が必要です。 上位を狙えば狙うほどギリギリの選択が迫られる部分です。

さらに揚力を生む翼の形状も難しいところです。 安定飛行の飛行スピードや安定飛行に至るまでの状況を想定しながら形状を考えなければなりません。 そして翼の大きさや機体と乗組員の重量も考えて最適と思える形を選んでいきます。 なかなか計算どおりにはいかないところが難しいですね。

機体の設計はもちろん、組み立てでも難しさがあります。 大きい機体ですので保存や持ち運びのことも考えなければいけません。

いろいろ困難を乗り越えるからこそ、完成した機体が、予想通りもしくは予想以上のフライトを行ったときには喜びもひとしおなのでしょうね。

Line


鳥人間コンテスト

気になる記事ピックアップ

ゼロ戦
ゼロ戦といえば第二次世界大戦で名を上げた世界有数の戦闘機です。ゼロ戦は「零式艦上戦闘機」の略ですね。ゼロ戦.....

ヘリコプターのエンジンが停止・・
航空機の緊急時で怖いのは、空にいるために航空機に異常があった場合逃げる場所が無いということでしょう。例えば全てのエンジンが停止してしま.....

手作り飛行機の難しいとこ
手作り飛行機で一番難しいところは矛盾する二つをどこで折り合いをつけるかと言うことでしょう。 例えば、長距離.....

フリスビー
フリスビーは円盤型の投げて遊ぶおもちゃです。 フリスビーって良くできています。うまく投げると回転しながら目的の場所へときれいに飛んでい.....

紙飛行機
紙飛行機は男の子なら必ずする遊びの一つだと思いませんか?紙飛行機は多くの子が自分のオリジナルを折り込もうと.....

Copyright © 2007~2013 航空工学研究ほうほう会. All rights reserved